【おすすめ】SONYカメラでインスタ、Volgなど簡単に自撮りする2つの方法!

被写体(モノでもヒトでも)と自分も一緒に写りたい!映したい!場合に困った経験はありませんか?
私は、特に

ひとり旅や外出先でSNS用に「自撮り」をしたい時

今日はそんな時に「おすすめする2つの方法」を書いてみようかと思います。

その① セルフタイマーで撮る

いろんなメーカーさんのボディについている「セルフタイマー」という機能。

私はソニーユーザーで、こちらのαシリーズのカメラを使用しております。

ちなみにこのα7RM47SM3、共に以下の設定で簡単に秒数を選んでセルフで撮れます!
一応、写真も載せておきますね!(参考までに)

ドライブモードセルフタイマー(秒)

これだけ!あとは押したらパシャリ!!

その② ソニー SONY RMT-P1BT [ワイヤレスリモートコマンダー]を使う

被写体との距離がかなりある場合はワイヤレスのリモコンおすすめ!
有線だと限界あるでしょうから無線

SONY RMT-P1BT|仕様

ソニー SONY RMT-P1BT [ワイヤレスリモートコマンダー]

無線方式にbluetoothを採用したワイヤレスリモートコマンダー「RMT-P1BT
電源はバッテリーではなくて、リチウムコイン電池(CR2032)を採用

 

大きさ 縦116.5×横33×厚さ15.1mm
質量 約35g(電池含まず)
付属品 リチウムコイン電池(CR2032)

※ソニーのプロサポートは15%offだよ

操作の仕方|カメラ側の設定

Bluetooth設定Bluetooth機能(入)
それともう一つ設定が必要になります!

Bluetoothリモコン(入)

操作の仕方|リモコン側の設定

同時に押してペアリングします!

ペアリングされているかはディスプレイ見るとわかります。

SONYのどの機種に対応してるのでしょうか?

ソニーさんの公式サイトで確認できますよ!

メリット

スマホよりも専用リモコンのほうが小さい。

リモコンの厚みも薄型におさまっていてコンパクト。

・反応は非常に高速!
・フォーカスあわせや連写OK可能です
・バルブ撮影も押し続けなくても最初と最後だけボタンを押すだけ

デメリット(というほどのことでもないが)

そういえば電源がわかりにくかったな。。。
※リモコン側に特に電源ボタンがあるわけではないようです

ちなみに放置すると自動的にスリープになるみたいです。
誤操作を防ぎたい場合は、サイドにあるホールドスイッチを入れておくと良いみたいですね!

その他の撮影 手ブレを考えた撮影(シャッタースピードの調整)にも良い!

「料理」など撮影時にシャッタースピードを調整したい時

地明かりで料理等撮影する際に
「ピントは全体に合わせたい」
となると「F値は絞る」
ISOもできれば100にしておきたい。
となるとSS(シャッタースピード)で調整することに。

SSが1/5くらいで撮影するなら“手ブレ”という問題も出てきますよね?
こういった場合に三脚にカメラ、そして今回の2つの方法で撮影できると思います。
(地明かり、もしくはそこまで強く無い電球1個とかで撮影の話ね。)

ワンオペレーションでセッティングしながらだと
カメラの位置までもどるのも大変なのでワイヤレスもありがたい!
iPadに写真飛ばしながら確認とかもいいですね。

コロナが明けたら夜景天体撮影などの長時間露光撮影もやりたいな。

ZOOM/FOCUSスイッチ、フォーカス/ズームボタン

わかりやすい切り替え!!

カメラ本体に設定しているC1(カスタムボタン)、割り当てられた機能をリモコンサイドで呼び出せるのも魅力の一つ!!
みんな何割り当ててるの?気になる!!!

「よくある質問」まとめ

自分自身が困ったもの含めサイトに上がっていた質問、私の意見もメモっておきますね。

・本体とペアリングして、Bluetoothも入にしました。ボタンを押しても全く反応せずシャッターが切れません。ボタンを押すと赤く点灯はしているので電池はちゃんとあります。故障でしょうか?

これはさっきも写真でご説明したペアリングのところ参考に!
「Bluetoothリモコン」も「入」にする必要があるということで解決できればいいですね。


・レリーズとワイヤレスとは違うのですか?

カメラのシャッターボタンに取り付ける有線ケーブルで、カメラから離れた位置からシャッターを押せるようにする道具。シャッターボタンのことを 「 レリーズボタン 」 と呼ぶ。距離には限界がありますよね。手ブレを考えて有線でもよい撮影もあると思います。ワイヤレスは無線でケーブルがなくBluetoothなどで制御しているもの。


・いつシャッターきれてますか?

シャッターがきれるとリモコンの上にあるランプが点灯するので安心
万が一失敗した場合には赤点滅でお知らせしてくれるので、カメラ本体から離れていても安心


・静止画撮影と動画撮影を使い分けは簡単ですか?

リモコン側面にある「STILL」と「MOVIE」を切り替え!一瞬です。
「ZOOM(ズーム)」と「FOCUS(フォーカス)」も同じく一瞬で切り替え可能



Profile

 

森脇裕也(モリワキユウヤ)

Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。 現在は東京を拠点にアーティストのグッズデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人事務所として幅広く活動中。

描いたり撮ったり作ったり、皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!“想いをカタチに”



関連記事

  1. 【まとめ】撮影現場で活躍したGoProの万能アクセサリー3選をおすすめ…

  2. 【おすすめ!】iPadはDIYで壁にかけてスペースの有効活用!

  3. 【Sony α7シリーズ】撮影用どの三脚選ぶ?ヴァイテックイメージング…

  4. 【快適編集】ドッキングステーションでPC側の負担を減らしたい話

  5. YouTubeでよく見かけるスタジオマイク!RODEのUSB接続型“N…

  6. おすすめ!超小型多機能ワイヤレスマイクWireless GO IIの使…

  7. 【おすすめ!】FUJIFILM X-Pro2×激安オールドレンズはどう…

  8. ギフトにもおすすめ!夏の散歩に向けて軽装備撮影にぴったりな2つのアイテ…

ABOUT US

ABOUT US

モリワキユウヤ

森脇裕也。Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。 現在は東京を拠点にアーティストのグッズデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人事務所として幅広く活動中。 皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!“想いをカタチに”

ブログ記事

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。