【保存版】Premiereアプデ!プロキシ(Proxy)ワークフローの機能強化

先日プロキシの記事書いて、もう少し、プロキシ作業が見てすぐにわかりやすくならないかな〜って思ってたら、今日の話よ。

PremierePro Ver22.5アップデートされいくつか機能強化されております。

アプデ内容いくつかありますので、プロキシ(Proxy)ワークフローの機能強化含め参考になればと思います。

① 新しい 「初期設定」ワークスペース

みなさん、自分の作業しやすいワークスペースはいつもどんな感じでしょうか?
バージョンアップしたPremiere Pro Ver22.5では新しい「初期設定」になっていましたね。

プレビューが“ど真ん中”にある感じです。
ライムラインも下部全体に広く使えて“見やすい”のではないかと思います。

動画編集時はデスクトップに更にカラーマネージメントモニターを準備されてる方も多いのではないでしょうか?
そうなってくると、またワークスペースの使い方も変わってきますけどね。

② 新しい「縦型ビデオ」ワークスペース 

「スマホ」をはじめデバイスも日進月歩、「1080×1920」の縦型にも今回はワークスペース対応ということで。
ワークスペース > 垂直方向
という感じでよいのかしら?<
ワークスペース >「新規のワークスペースとして保存」として準備しておくのも良いですね。

「ソーシャルメディアクリエーターがこの形式で作業すると」なんて書いてあったけど…ソーシャルメディアクリエーターなんてあるのね。笑

③ プロキシ(Proxy)ワークフローの機能強化


「プロキシ作成」の時に、✅透かしを追加にチェックする。

ちょっとした気遣い。笑
このオプションは大変嬉しいですね!!プロキシで作業できているか一目瞭然。素晴らしい!

このタイムラインの素材に“プロキシバッジ”ついてるのわかりやすくて好き。
Adobe公式によるとプロキシファイルがデフォルトで ProRes形式に設定されるようになったのかな?
前から勝手にそう思っていた…ProRes使うからかな。

④ストロークとシャドウのグラデーション


※グラデーションへんな色でかけてるけどごめんなさい(パパパと説明するためにNOセンスです)

エッセンシャルグラフィックスで「塗り」以外に、「境界線」「シャドウ」にもグラデーションがかけれよるうになったんですね。
たくさんソフト開かずに、こうやって一つのところでまとめて作業できるのは大変ありがたいですよね。

(余談)そういえば「ストローク」名称変わった?

現在は「境界線」になっていますが、以前は「ストローク」でした??
と作業しながらふと思いました。
デザインのお仕事の時はフォトショップ使用するので「境界線」は違和感なく使ってました。

⑤Apple M1 システムでのH264またはHEVC エンコードの機能強化

まだ確認とかはてきていませんが、Apple M1チップ搭載のノートパソコンの出番がやってきそうですね我が家にも。笑

⑥RED V-RAPTOR カメラのサポート

Premiere Pro で、RED V-RAPTOR カメラがサポートされるようになったのか。
私はRED持ってないのでちょっとわかりませんがいろんなカメラに対応されることは素晴らしいことですね!!

⑦追加の GPU 高速処理エフェクト

ズーム、複製、球面、波形ワープなどのエフェクトが、GPU 高速処理に新たに対応。
編集中のスムーズな再生、高速なレンダリングや書き出しを実現できるのは嬉しい。

まとめ

とにかく進化していくスピードに乗り遅れないように日々精進!
インプットとアウトプットのバランス含め、午後もお仕事頑張らねばと思いました!!!


Profile

 

森脇裕也(モリワキユウヤ)

Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。 現在は東京を拠点にアーティストのグッズデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人事務所として幅広く活動中。

描いたり撮ったり作ったり、皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!“想いをカタチに”



関連記事

  1. 【backpack】 shimoda explore 30 v2が来た…

  2. 老若男女、簡単装着スマホスタンドおすすめ!会議やオンライン飲みに超便利…

  3. 【おすすめ】Premiere Proシーケンスの1番良い設定は納品の“…

  4. 【保存版】撮影中の電源、キャンプ、防災グッズにもなる「Jackery」…

  5. 【日本語】”PRORES RAW Source Sett…

  6. 【快適編集】ドッキングステーションでPC側の負担を減らしたい話

  7. 【おすすめ】カメラやスマホの俯瞰撮影や接写に適したスライディングアーム…

  8. Okinawa|Ootomari Beach 2017

ABOUT US

ABOUT US

モリワキユウヤ

森脇裕也。Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。 現在は東京を拠点にアーティストのグッズデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人事務所として幅広く活動中。 皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!“想いをカタチに”

ブログ記事


PAGE TOP
テキストのコピーはできません。