b-roll撮影方法ってそうやるの?Aputure120dライトを購入して学ぶ!

海外YouTubeで大人気!定常光LEDライトAputure 120d mask II 購入!

正直に言うと個人的にここまで高価なライトを買うなんてことは生まれて初めてだ!!!仕事でもレンタル。笑

結論から言うと、
購入して正解でした!!!
照明屋さんでもないのに光にここまで執着した甲斐がありました。

いやむしろ映像制作に携わる以上、には思いっきりこだわるべきだね。
購入して数週間経ちましたが先週の某メーカーさんの撮影もとても活躍してくれました。

実際、他のサイトレビューを拝見していても第一世代の120Dより120D MK IIは従来モデルに比べ大幅に改善されているようで、すでに持っているユーザーさんも買い替える価値は十分あると書かれてました。
※120Dは第一世代、120D MK II第二世代という位置付けのようです。

いったいどれくらい良くなったのだろうか?

この後、第一世代も持っていなかったくせに、ご紹介していきますね!笑
いや120D MK IIが最初だとしても買ってよかったと思えるスペックだったことは間違いない。
自信を持って言えます!

B-ROLL用に今年揃えたかった定常光、その理由。

B-ROLLだけを取り入れたPV動画というのが海外で流行っています。
いろいろYoutubeを調べていたところ、多くのクリエーターが使用しているこのLEDライトに辿りついった。
それがコレ!Aputure 120d mask II

みなさんすでにご存知だと思いますがDaniel Schifferさんとか素敵な映像つくられてますよね

参考サイト

どうです?↑かっこいいよね!!

上記の動画でも使用されている“Aputure LS C120d II LEDライト”はストロボではなく定常光である。

今回は予算というよりはレンズの魅力を最大限に活かしたい!という願望の方が勝った。
当然お仕事なのでクオリティにはこだわりたい。

もちろんこの美しい照明は当然、スチール撮影でも活躍してくれた。

(余談)
スチールは屋外でもスタジオ(白堀やハウススタジオ)でも撮影できるストロボを考えてGODOXにしたが
それはこちらの記事で。

屋外ポートレート|一眼レフで撮影する際に選んだストロボはGODOX AD200


第一世代120Dから向上した点は?

<スペック>
・120D MK IIは第1世代モデルよりも25%出力が向上(25%の出力アップは大きい)←らしいです!
・6000ケルビンに対して5500ケルビンまでバランスが取れる
・ほとんどの状況で32Kまたは56Kに簡単に使用できるMK IIのほうが使いやすい

ワイヤレスハンドリモートやソフトケースなどは、他のメーカーでは付属していないらしい
(初めて買うものだからそういうものだと思っていたよ。付属してないんだね)

最新の同社の機器に対応する新しいSidus Linkスマートフォンアプリは、残念ながら何らかの理由で120D MK IIに対応していない。

ちなみに先日レビューしたAputure AL-MCSidus Linkは対応している
このAL-MCもよく使用しますね、アクセントとして!

インスタ映え!色の変化で写真を楽しく演出!小型LEDライトAL-MC


スチール撮影時の定常光とストロボのメリット・デメリット

今回はB-ROLLなので動画用に選定しているのだが、スチール撮影時の定常光とLEDライトの違いはなんなのだろうか?

定常光
【メリット】
最終的な仕上がりをスタッフと確認しながら調光できる(現場にカメラマン以外の人も多いとき)
【デメリット】
ストロボほどの瞬間的な光量はない

ストロボ
【メリット】
瞬間的な光量がある
【デメリット】
モデリングライトだけだと最終的な仕上がりを把握するのが困難

B-ROLL|さてレンズは何を選ぼうか

映像作品のB-ROLL素材を何で撮ろうかと迷いながら…

結局、先ほども行った通り、
「今回は予算というよりはレンズの魅力を最大限に活かしたい!という願望の方が勝った。」ということもあり、同じタイミングで以下のレンズをチョイス。
チョイスと簡単に言ってはみたが金額はそれぞれ14〜18万
2本で30万弱ですか。

しかし、この2本はいろんな動画を拝見して間違い無いと思い、速攻購入。(またレンズレビュー書きますね)
充分有名なこの2本を今回の案件は使用したいと思います。

・SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

・Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CFa

ハニカムグリッドのディフューザーをつけて肌に当てた時もとてもいい感じでした!!
柔らかい感じって言うんですかね?とりつけも簡単です!!

0〜100%で微調整も可能だ。
美しい光。影も滑らかで違和感がない。
調光が凄く良いね。

明日は一日中触ってたいな。
ま、無理やけど。お盆もお仕事です。笑

Profile

 

モリワキユウヤ

Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。東京を拠点にWeb制作、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人デザイン事務所として幅広く活動中。

描いたり撮ったり作ったり、皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!

関連記事

  1. VR体験・比較|360度カメラ 今買うならコンシューマ向けのおすすめは…

  2. ROPPONGI|Tokyo city view

  3. 【超簡単】レンズフィルターが外れない!そこの貴方、コレで1発だぜ!

  4. 【日本語】”PRORES RAW Source Sett…

  5. 都内のワンオペで使用しているスチール撮影機材|sony α7RIV 等…

  6. 【SDカード】記録メディア用ケースは必須?静電気や突入電流から守ろう!…

  7. 【カメラワーク】万能雲台クリップ発見!これ1つでいろいろな演出をする方…

  8. Okinawa|okuma 2017

ABOUT US

ABOUT US

モリワキユウヤ

Webデザイン・映像制作会社勤務を経て、2010年に独立。東京を拠点にWeb制作、グラフィックデザイン、イラストレーション、広告スチールカメラマン、動画制作と個人デザイン事務所として幅広く活動中。
皆さんといろいろ情報共有できたら嬉しいです!

制作実績一覧

“STILL”/

ブログ記事

Sponsored Link by

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。